メンタルケア心理士になるには

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

心理カウンセラーになりたいと思ったときにおすすめの資格、それがメンタルケア心理士です。メンタルケア心理士になるにはどうすればいいのか、詳しくご紹介していきます。

 

メンタルケア心理士の受験資格

 

メンタルケア心理士の試験を受けるには一定の条件があります。それは以下のようなものになります。

 

  1. メンタルケア学術学会指定教育機関においてメンタルケア心理士(R)講座の受講修了をした者
  2. 認定心理士の資格保有している者
  3. 産業カウンセラー初級の資格を保有している者
  4. 文部科学省の定める4年制大学心理学部、学科または心理隣接学部、学科卒業者

 

これら4つの条件のいずれかを満たせば、メンタルケア心理士の試験を受けることができます。
心理学の勉強をしたことがない初心者でも、一番最初の指定教育機関で受講を修了することで、メンタルケア心理士の受験資格を得ることができます。
このメンタルケア心理士の試験に合格すれば、医療・福祉・教育・産業・公共サービス等での相談援助および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる基礎能力を有すことが証明されます。

 

メンタルケア心理士に向いてる人

 

カウンセラーとして必要な資格といえるメンタルケア心理士ですが、向いてる人、向いていない人があるのでしょうか。もちろん、メンタルケア心理士には適正があります。
心理カウンセラーを目指す人によくありがちなのが、自分も辛い経験をしたことがあるから、理解してあげられはずだ!と思っている方がいます。

 

ですが、こういう思いでメンタルケア心理士を目指すのはあまりおすすめではありません。
これはメンタルケア心理士というのは経験的な知識で合格できる、生半可な試験ではないからです。
メンタルケア心理士になるための学習内容は、カウンセリング技法の他にも、精神医科学、
解剖生理学的学習が含まれています。つまり、メンタルケア心理士の試験は、体の仕組みを理解し、さらに精神疾患にはどんなどんな種類があり、治療にはどういった薬剤が使われているかなど、かなり専門的な広い知識が問われます。

 

メンタルケア心理士になるためには、心と身体、そして医療や看護の知識を広く併せ持つことが求められます。これは、メンタルケア心理士は医師や看護師といった医療福祉関係の方との連携を想定しているからです。
さらに正しくカウンセラーを行うためには、身体と精神の関係性を十分に理解した上で、さまざまなケースに対応しなくてはいけません。
ですから、ただ単に悩みを聞いてあげるだけではなく、体系的にカウンセリングを行うために、メンタルケア心理士は体の臓器から精神疾患といったことを学ばないといけないのです。

 

こういった理由から、自分が辛い経験をしたから、カウンセラーに向いているというのは、むしろ、自分の経験則でカウンセリングを行ってしまうので、カウンセラーには向いていないのです。
さらに心理カウンセラーとして働いていくには常に新しい情報を取り入れていかなければいけません。そのため、常に時代にあったカウンセリングを行うために、メンタルケア心理士に合格したあとも、「メンタルケア学術学会」といった場で生涯、学んでいかないといけません。
ですので、単純に「資格が欲しい」だけでは、メンタルケア心理士になるのは難しいです。

 

メンタルケア心理士に向いている人、それは、自分の意思をしっかりと持った人です。
そして性格的に優しい、やわらかい空気を持っている人です。
ですが、最も向いている人は、メンタルケア心理士の資格を取得後もしっかりと勉強するぞ!という意志を持っている人です。ですので、性格はその次になります。
しっかりと合格するという明確な意思があれば、メンタルケア心理士には向いているといえるでしょう。

 

メンタルケア心理士になるのは難しい?

 

いざ、メンタルケア心理士を目指そうと決めたら、やはり気になるのは合格率ですよね。
メンタルケア心理士の合格率は一体どれくらいなのでしょうか。
メンタルケア心理士の合格率は協会発表の資料によると合格率は38.2%です。
低いように感じますが、ですが、あきらめるほどの合格率ではありません。40%近くの人が合格しているのですから、頑張って挑戦する価値は十分にあります。

 

またメンタルケア心理士の試験を受けている最も多い年齢層は30代で全体の42%を占め
ます。次に多いのは29%の20代です。
受験者層の第3位以降は、40代の20%、50代の6%、10代の2%、最後に60代の1%と続きます。さまざまな年齢層の方が受験しています。多くの方が転職やスキルアップのために受験していると考えられます。もちろんこのメンタルケア心理士の資格は今の仕事に活かすのにも役立ちます。
ちなみに、合格率として最も受かりやすい方は、医療福祉関係に従事している23%です。ついで、20%の会社員、3位は16%のパート・アルバイトと続きます。4位に入ったのは14%の主婦の方です。
メンタルケア心理士の受験者情報の年代とターゲットからみてみると、学生であろうと、社会人であろうと、主婦であろうと受験できる資格です。
とくにこれからの社会に必要とされている資格であるので、今後、メンタルケア心理士の資格はより注目されることが予想されます。
心理学を学んだことがない初心者でも通信講座を活用してメンタルケア心理士の課程を修了すれば受験資格が得られます。決して難しい資格ではないので、ぜひ、仕事のスキルアップや転職、人の役に立ちたいという人には、ぜひチャレンジしてほしい資格です。

 

メンタルケア心理士になるには?

 

メンタルケア心理士の資格は業界では有名な資格ですが、一般的にはそれほど認知されてはいません。
現代では心の病を患う方が急増しています。
人間関係や仕事などが原因で鬱病になる方がいますが、その中でも特に多いのが離婚問題でうつ病になってしまった方です。信頼していた配偶者の不倫問題、別れたくないが配偶者が家を飛び出して会うことができない、別れたいが配偶者がなかなか別れてくれないといったことです。このときに心理カウンセラーが未然にカウンセリングを行うことで、うつ病などの精神疾患の発症を抑えることができるのですが、なかなか心理カウンセラーをどこで受ければいいのか認知されていません。
しかし、うつ病患者が増えていけば、心理カウンセラーという職業はより注目を浴びるようになります。
だからこそ、将来性がある資格としてメンタルケア心理士の資格は、早い段階で取得を目指すべきといえます。
人気資格になればなるほど試験内容が難しくなるからです。今のうちに取得しておくのがいいといえます。メンタルケア心理士の資格を取得するには独学ではできません。受験資格を満たさないとメンタルケア心理士の試験すら受けることができません。初心者では難しいかもと感じた方もいるかもしれませんが、通信講座を活用すれば、簡単に受験資格を得ることができます。
メンタルケア心理士になりたい!と思ったらまずはメンタルケア心理士の通信講座で受験資格を得ましょう。

 

メンタルケア心理士の試験に合格するために

 

メンタルケア心理士の試験に合格するために大切なことは、わかりやすい通信講座でポイントを絞って効率よく勉強することです。
これは初心者にとって医療系の分野の勉強がとても大変だからです。
そのため、メンタルケア心理士の試験に合格するためには、わかりやすいテキストで、初心者でも理解しやすい通信講座でなくてはいけません。
そこで、メンタルケア心理士の試験に合格するために、おすすめの通信が「ヒューマンアカデミーたのまな」です。
たのまなの通信は、一般講座・一般講座(カウンセリング実技実践付)・総合講座・総合講座 (カウンセリング実技実践付)、など4種類の講座があり、いずれもテキストや講義DVDで初学者の方でも分かりやすく学ぶ事ができます。さらに付属するオリジナルの添削問題集でレポートを3回提出し、補講問題や模擬試験から修了テストなどを全6回分行ないますので、しっかりと理解度をサポートしてくれます。
通信とはいえ通学で学ぶのと全く変わらない高いレベルの学習を行うことができ、またご自身のペースで学べることから忙しい方にも最適といえます。
またメンタルケア学術学会指定の認定校であることから試験対策も充実している点も大きなヒューマンアカデミーたのまなの大きなメリットです。
合格に近づくための傾向や対策などを盛りだくさんに掲載した合格虎の巻と呼ばれる教材も付いており、試験前の学習の総まとめができるのもおすすめのポイントです。
わかりやすいテキストとまとめテキスト合格虎の巻があることで、より合格へと近づくことができます。
さらに驚くことに、ヒューマンアカデミーたのまなのすごいところは、受講中や講義が修了した後も心理カウンセリング講座のライブ講習会に参加することができる点です。
このライブ講習会は講師から直接指導を受ける中で、現場で役に立つより具体的なカウンセリング法や事例などを始めとして多くの知識を蓄える事ができ、試験対策はもとより現場で働く際にも活用することができます。
たのまなとは資格取得やキャリアアップのための専門スクールとして有名なヒューマンアカデミーが手がけるの一部門で、医療や心理からビジネスや介護などを初めとする各種分野の講座がラインアップする通信講座です。
まさに通信講座の中でも最もサポートが充実している通信がたのまなです。
「ヒューマンアカデミーたのまな」であれば、メンタルケア心理士の通信講座はすべてメンタルケア学術学会に認定されており、自宅でメンタルケア心理士の資格を目指すことができます。
しかも、他社の通学コースや通信講座よりも断然価格が安く、カリキュラムもしっかりしているためおすすめです。

↓↓↓メンタルケア心理士の資格が取れるヒューマンアカデミーの通信講座↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑